脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

ごあいさつ

 

白尾智明

kao 
・群馬大学大学院医学系研究科 教授(ERSC副センター長)
・国際放射線神経生物学会 理事長
・日本神経化学会 副理事長
・日本生理学会 理事

・NPO法人バイオフォーラム 理事長

tshirao*gunma-u.ac.jp
(メールを送信する際は「*」→「@」 に変更して送信してください。)

研究内容

記憶学習、情動などの高次脳機能は、他の生物と比べて、ヒトにおいてもっとも発達した機能ですが、科学が進んだ現代社会においても未解明の、最後の秘境となっています。当分野は、(1)発生過程における樹状突起スパインの形態形成の研究、(2)シナプス機能における細胞骨格の役割に関する研究、(3)シナプス機能不全が引き起こす高次脳機能障害(アルツハイマー病、気分障害、統合失調症など)に関する研究、(4)ドレブリンをシナプス機能の指標とした機能画像測定法の開発とヒトiPS細胞由来神経細胞を用いた安全性薬理試験への応用を行っています。これらの研究目的を達成するために、初代培養神経細胞、ヒトiPS細胞由来分化神経細胞、遺伝子組み換え動物を対象として、分子生物学、細胞生物学、電気生理学、行動解析学、薬理学、イメージングなどの技術を用いて、学際的に研究しています。

教育業務

医学部学生に対しては、教養教育としては、「いのちとこころ」、3年次に「行動科学」「薬理学I」の講義・実習を担当しています。また、2年次の医学論文作成チュートリアル、4年次の選択基礎医学実習では積極的に学生を受け入れて指導しています。
大学院学生に対しては、「神経薬理学」講義・演習・実習を担当しています。また、大学院教育研究センター運営委員会副委員長として、医学基礎技術実習全般を担当していますが、当分野独自の役割としてイメージング実習および脳神経発達統御学連続講義の一部も担当しています。平成24年度は6人の大学院生が研究を実施しています。

→ 最近の総説  → 略歴

教授ノート

一覧ページへ

ページトップへ