脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2003年

国内学会

  • 水井利幸、関野祐子、高橋秀人、花村健次、白尾智明「培養海馬神経細胞の樹状突起スパインへに集積したGFP標識ドレブリンAのグルタミン酸刺激による樹状突起内局在変化」海馬と高次脳機能学会、東京、2003年11月23日~24日
  • 伊藤真、銅谷賢治、白尾智明、関野祐子「上乳頭体核による海馬神経活動の調節」海馬と高次脳機能学会、東京、2003年11月23日~24日
  • 高橋秀人、関野祐子、水井利幸、白尾智明「海馬錐体細胞の発生過程での樹状突起フィロポディアからスパインへの変化におけるアクチン細胞骨格の役割」海馬と高次脳機能学会、東京、2003年11月23日~24日
  • Toshiyuki Mizui, Kenji Hanamura, Hideto Takahashi, Tomoaki Shirao, Yuko Sekino Tim lapse recording of translocation of GFP-drebrin A, an actin-binidng protein in dendritic spines, induced by activation of glutamate receptors in hippocampal neurons“ng”of translocation of GFP-drebrin A, an actin-binidng protein in dendritic spines, induced by activation of glutamate receptors in hippocampal neurons“Regulation of synaptic functions )第46回日本神経化学会大会、新潟、2003年9月24日~26日
  • Hiroyuki Yamazaki, Toshiyuki Mizui, Chiho Kobayashi, Tomoaki Shirao “Domain analysis of Drebrin-associated protein 1, Drap1”
  • 伊藤真、銅谷賢治、白尾智明、関野祐子 「新規環境下ラットの扁桃体神経活動は上乳頭体核により調節される」第13回日本神経回路学会、東京2003年9月8日~9月10日
  • Hiroyuki Ymazaki, Hideto Takahashi, Eiji Hirose, Nozomu Mori,Tomoaki Shirao “Identification and characterization of drebrin binding protein, Drap1.”
  • 白尾智明、岡部繁男、「樹状突起スパイン形成を制御する分子機構」第26回日本神経科学学会、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25日(シンポジウム座長)
  • Hideto Takahashi, and Tomoaki Shirao “Functional roles of actin cytoskeleton in dendritic spine morphogenesis during development.”第26回日本神経科学学会(シンポジウム「樹状突起スパイン形成を制御する分子機構」、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25日
  • 小林千穂、伊藤真、小林静香、佐治真理、白尾智明、 関野祐子 “Activity of Supramammillary nucleus is involved in the acquisition of the novel information”第26回日本神経科学学会、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25日
  • Sekino Y. , Tanaka, S. , Shirao T. “Drebrin is redistributed to the dendritic shafts with actin filaments by glutamate receptor activation”第26回日本神経科学学会、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25日
  • Mizui Toshiyuki, Takahashi Hideto, Koyama Hiroshi, Shirao Tomoaki “Abnormal shape of dendritic filopodia and spines induced by overexpression of drebrin A in cultured hippocampal neurons”第26回日本神経科学学会、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25日
  • Yoshio Sasagawa, Chiho Kobayashi,Yoko Sekino,Hirokazu Murakami,Tomoaki Shirao “Generation of transgenic mice expressed GFP-drebrin A in the hippocampus”第26回日本神経科学学会、名古屋、2003年7月23 ~ 2003年7月25
  • 関野祐子、伊藤真、小林千穂、笹川快生、白尾智明「新規環境探索行動における上乳頭体核と海馬の神経活動」第76回日本薬理学会年会・第80回日本生理学会大会、福岡、2003年3月24日~26日
  • 白尾智明、高橋秀人、関野祐子、田中聡一、水井俊幸「樹状突起スパイン形成初期におけるドレブリンーアクチン複合体の出現」第76回日本薬理学会年会・第80回日本生理学会大会、福岡、2003年3月24日~26日

ページトップへ