脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2019年

国内学会

  1. 斎藤祐見子,三木大輔,岡田智哉,友恵桜子,関野祐子, 小金澤紀子, 白尾智明,小林勇喜, 「一次繊毛局在型GPCRを介した神経細胞繊毛長の調節機構」 第92回日本薬理学会年会、2019年3月15日
  2. Hiroyuki Yamazaki, Kenji Hanamura, Narutoshi Tsukahara, Banri Segawa, Akikazu Murakami, Tomoaki Shirao. “Development of drebrin nanobody as a novel tool for in vitro and in vivo research” 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会、2019年7月25日~28日
  3. Anggraeini Puspitasari, Hiroyuki Yamazaki, Kenji Hanamura, Kathryn D Held, Tomoaki Shirao “X- irradiation of immature developing neurons causes delayed synaptopathy and decreases the number of bystander neurons” 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会、2019年7月25日~28日
  4. Kenji Hanamura, Anggraeini Puspitasari, Noriko Koganezawa, Tomoaki Shirao “High-content imaging analysis of synaptic status, dendrite length and neuron number in cultured neurons for detecting adverse effects of toxic substances” 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会、2019年7月25日~28日
  5. Noriko Koganezawa and Tomoaki Shirao. “Drebrin depletion alters NMDAR function and affects stability of microtubule in dendrites” 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会、2019年7月25日~28日
  6. Toshinari Mitsuoka, Kenji Hanamura, Ruri Kikura-Hanajiri, Yuko Sekino, Tomoaki Shirao. “Establishment of high-throughput system for efficiently detecting New Psychoactive Substances to inhibit the activity of NMDA receptor” 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会、2019年7月25日~28日

ページトップへ