脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

1992年

論文

  • 池田圭朗、白尾智明、浅田英穂、Peter Kaub、戸谷重雄、植村慶一“ヒト神経細胞に誘導発現されたドレブリン蛋白のF-アクチンに及ぼす影響”神経組織の成長,再生,移植 4:30-31(1992)
  • 戸田正博、浅田英穂、白尾智明、池田圭朗、大谷光弘、戸谷重雄、植村慶一“ヒト脳におけるドレブリン蛋白質およびmRNAの解析”神経免疫研究 5:76-80(1992)
  • 白尾智明、小幡邦彦 “神経発生における神経細胞骨格関連蛋白質の役割”日本薬理学会誌 100:465-473 (1992)
  • 浅田英穂、白尾智明、戸田正博池田圭朗、戸谷重雄、植村慶一 “神経芽細胞腫培養細胞の分化とニューロフィラメントおよびドレブリンの変化”神経免疫研究 5:70-75(1992)
  • 池田圭朗、白尾智明、浅田英穂、Peter Kaub、戸谷重雄、植村慶一 “非神経細胞に誘導発現されたドレブリン蛋白による突起形成及び細胞骨格の変化”神経化学 31:564-565(1992)
  • 戸田正博、白尾智明、 浅田英穂、 蓑島伸生、 清水信義、 戸谷重雄、 植村慶一  “ヒトのドレブリンEcDNAクローニング” 神経化学 31:342-343 (1992)
  • 浅田英穂、白尾智明、戸田正博、池田圭朗、植村慶一 “神経細胞の突起形成にともなうドレブリン蛋白の細胞内局在とF-アクチンの変化”神経化学 31:146-147 (1992)
  • Shirao, T., Kojima,N. and Obata,K.
    “Cloning of drebrin A and induction of neurite-like processes in drebrin-transfected cells.”
    Neuroreport 3(1): 109-112.(1992). Full text
  • Shirao, T.,Evinger,M,J., Iacovitti,L.and Reis,D,J.
    “Lesions of nigrostriatal pathway reduce expression of tyrosine hydroxylase gene in residual dopaminergic neurons of substantia nigra.”
    Neurosci Lett 141(2): 208-212.(1992). Abstract
  • Imamura,K., Shirao,T., Mori,K. and Obata,K.
    “Changes of drebrin expression in the visual cortex of the cat during development.”
    Neurosci Res 13(1): 33-41.(1992). Abstract

ページトップへ