脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

Domestic Conference

This Content is Japanese Only.

岡 丈朗、花村 健次、白尾 智明 「培養神経細胞を用いたハイコンテントイメージングによるシナプスの解析」第90回日本薬理学会年会、長崎、2017年3月15日

Miao, S., Koganezawa, N., Shirao, T. 「Underlying mechanism of radiotoxicity effects on synaptic proteins」第90回日本薬理学会年会、長崎、2017年3月15日

清水英雄、小針彩奈、須知由未子、関口敬洋、花村健次、白尾智明、田辺光男、関野祐子、佐藤薫 「ベンゾジアゼピン系薬剤の培養海馬神経細胞シナプス数に対する作用―医薬品の中枢神経系有害反応予測のための新規 in vitro 評価系確立の試み」第90回日本薬理学会年会、長崎、2017年3月17日

Noriko Koganezawa, Yukai Chiu and Tomoaki Shirao 「Nanoscale organization of synaptic proteins」日本神経科学学会、幕張、2017年7月20日~23日

Kojima N, Yasuda H, Sakimura K, Shirao T 「Impact of drebrin-knockout on mGluR5- and NMDAR-dependent LTD induction in the hippocampus」日本神経科学学会、幕張、2017年7月20日~23日

Noriko Koganezawa and Tomoaki Shirao 「Differential changes of drebrin and PSD-95 localization in response to glutamate stimulation」第60回日本神経化学会大会、仙台、2017年9月7日~9日

Hiroyuki Yamazaki, Noriko Koganezawa, Tomoaki Shirao 「Super-resolution analysis of the interaction between drebrin and CaMKIIbeta in dendritic spines」第60回日本神経化学会大会、仙台、2017年9月7日~9日

Kenji Hanamura, Tomoaki Shirao 「Isoform-dependent regulation of drebrin dynamics in dendritic spines」、第60回日本神経化学会大会、仙台、2017年9月7日~9日

白尾智明「ヒト神経細胞を用いた病態モデルづくり」、第60回日本神経化学大会・AMED再生医療実用化研究事業「創薬のためのインビトロ脳機能評価法の確立と標準化ヒト神経細胞の開発」事業・一般公開シンポジウム「アルツハイマー病のクスリ創り~病気の理解と病態モデル~」、仙台、2017年9月9日

Anggraeini Puspitasari1, Hidemasa Kawamura2, Hiroyuki Yamazaki3, Yukari Yoshida, Akihisa Takahashi, Tomoaki Shirao, Takashi Nakano, Kathryn D Held, “Irradiation of immature neurons causes delayed decreases in the number of neurons and postsynaptic protein drebrin” The 31st Annual Meeting, Japanese Society for Biological Sciences in Space (JSBSS), 前橋、2017年9月20日

 

Achievements

ページトップへ