脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2000年

論文

  • 白尾智明、田中聡一「神経細胞樹状突起発達とアクチン細胞骨格系」蛋白質・核酸・酵素45: 255-261 (2000)
  • Tanaka, S., Sekino, Y.,and Shirao,T.
    "The effects of neurotrophin-3 and brain-derived neurotrophic factor on cerebellar granule cell movement and neurite extension in vitro."
    Neuroscience 97(4): 727-734.(2000)
  • Cheng, X-T., Hayashi,K. and Shirao,T.
    "Non-muscle myosin IIB-like immunoreactivity is present at the drebrin-binding cytoskeleton in neurons."
    Neurosci Res 36(2): 167-173.(2000)

国際学会

  • Smith-Kettlewell Colloquia. San Francisco, USA, November 13, 2000, Y. Sekino
    “The mechanism of synaptic inhibition in the CA2 region of rat hipocampal slices studied by optical recording.”(Invited)
  • Society for Neuroscience 30th Annual Meeting, 2000 J. Zhang, T. Shirao, Y. Sekino.
    “Rergulation of the synaptic transmission through adenosine A1 receptors and adenylyl cyclase in the CA2 region of rat hippocampus.”New Orleans, Louisiana, Nov. 4-9
  • Society for Neuroscience 30th Annual Meeting, 2000. Y. Ren Y. Sekino, S. Tanaka, T. Shirao.
    “Translocation of drebrin-like immunoreactivity from cell soma to dendritic spines is parallel with tteh rapid increase in the expression level of drebrin A.” New Orleans, Louisiana, Nov. 4-9
  • Society for Neuroscience 30th Annual Meeting, 2000.H. Yamazaki, N. Kojima, T. Shirao.
    “Immunohistochemical analysis of SH3P7 in the rat brain.” New Orleans, Louisiana, Nov. 4-9

国内学会

  • 白尾智明「形態的シナプス可塑性の分子機構」第73回日本生化学会大会2000年10月11日4日(シンポジウム)
  • 張捷、白尾智明、丸山友希夫、関野祐子「海馬CA2領域におけるフォルスコリンとアデノシンA1受容体拮抗薬の相乗効果」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 関野祐子、張捷、加藤邦夫、池田真行、小幡邦彦、白尾智明「アデノシンA1受容体による海馬CA2領域に特異的な興奮伝播制御」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 任永、関野祐子、田中聡一、白尾智明「シナプス形成に伴うドレブリンAアイソフォーム発現の大脳特異的増加と樹状突起スパインへのドレブリンの集積」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 山崎博幸、白尾智明「SH3P7とドレブリンの細胞内局在の比較」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 高橋秀人、関野祐子、白尾智明「樹状突起スパインの発生過程におけるドレブリンとファシンの局在変化」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 田中聡一、白尾智明「アンチセンスオリゴヌクレオチド法を用いたドレブリンA特異的ノックアウト」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日
  • 白尾智明「発達期シナプスにおける樹状突起スパインの細胞骨格」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会 2000年9月4日~6日(シンポジウム)
  • 白尾智明「樹状突起スパイン形態制御におけるドレブリンの役割」第77回日本生理学会大会サテライトシンポジウム「ニューロバイオロジー」2000年3月30日
  • 田中聡一、関野祐子、任永、白尾智明「ドレブリン細胞内局在変化とアイソフォーム変換」第77回日本生理学会大会 2000年3月28日
  • 張捷、白尾智明、関野祐子「アデノシンA1受容体によるAdenylyl cyclase活性調節と海馬CA2を介する興奮伝播制御」第77回日本生理学会大会 2000年3月27日
  • 白尾智明、山崎博幸「神経細胞樹状突起のアクチン結合蛋白」第77回日本生理学会大会シンポジウム「細胞骨格系の分子制御」2000年3月29日
  • 関野祐子、白尾智明「樹状突起スパインのダイナミズムとCritical Period」第77回日本生理学会大会2000年3月27日(シンポジウム)
  • 白尾智明「CRITICAL PERIOD研究の新展開:その分子機構の解明を目指して」第77回日本生理学会大会2000年3月27日(シンポジウム企画)
  • 森望、白尾智明「神経シナプスの形成・可塑性応答におけるアクチン・チューブリンのダイナミズム」第25回日本神経科学大会、東京、 2002年7月7日~9日(シンポジウム座長)

ページトップへ