脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2001年

論文

  • 関野祐子、白尾智明「海馬内興奮伝播のゲート機構」神経研究の進歩 45:283-296(2001)
  • Yamazaki,H., Takahashi,H., Aoki,T. and Shirao,T. .
    "Molecular cloning and dendritic localization of rat SH3P7."
    Eur J Neurosci 14(6): 998-1008.(2001)
  • Tomidokoro, Y., Harigaya, Y., Matsubara, E., Ikeda, M., Kawarabayashi, T. ,Shirao, T., Ishiguro, K., Okamoto, K., Yonkin S.G, and Shoji. M.
    "Brain Abeta amyloidosis in APPsw mice induces accumulation of presenilin-1 and tau."
    J Pathol 194(4): 500-506.(2001)
  • Shirao, T. and Y. Sekino
    "Clustering and anchoring mechanisms of molecular constituents of postsynaptic scaffolds in dendritic spines."
    Neurosci Res 40(1): 1-7.(2001)
  • Kobayashi,S., Shirao, T.and Sasaki,T.
    "Drebrin expression is increased in spinal motoneurons of rats after axotomy." 
    Neurosci Lett 311(3): 165-168.(2001)
  • Ikeda, M., Segara, M., Sekino,Y., Shirao,T., Honda,K., Yoshioka,T., Allen,CN. and Inoue,S.
    "The sulphydryl reagent, N-ethylmaleimide, disrupts sleep and blocks A1 adenosine receptor-mediated inhibition of intracellular calcium signaling in the in vitro ventromedial preoptic nucleus."
    Neuroscience 106(4): 733-743.(2001)

国際学会

  • Society for Neuroscience 31th Annual Meeting, 2001. S. Tanaka, Y. Sekino, T. Shirao “Change of dendritic spine length induced by drebrin A knockdown using antisense oligonucleotied in vitro.” San Diego, California, Nov. 10-15
  • Society for Neuroscience 31th Annual Meeting, 2001.H. Takahashi; Y.Sekino; T. Shirao.
    “Reversible trranslocationof actin-binding protein drebrin by glutamate receptor activity in cultured hippocampal neurons” San Diego, California, Nov. 10-15
  • The 11th neuropharmacology conference: Molecular mechanisms of synaptic function. San Diego, USA November 8-10, 2001. H Takahasi, S Tanaka, Y Sekino and T. Shirao.
    “Activity-dependent redistribution of actin-binding protein drebrin in synaptic plasticity in cultured hippocampal neurons.”
  • The 11th neuropharmacology conference: Molecular mechanisms of synaptic function. San Diego, USA November 8-10, 2001. S. Tanaka, Y. sekino and T. Shirao.
    “Morphological analysis of the dendritic spines induced by drebrin A knockdown using antisense oligonulceotides in the cultured cortical neurons”
  • CREST Workshop on Metalearning and Neuromodulation(2001.4.6~7)T. Shirao, Y. Sekino, H.Takahashi and S.Tanaka“Metaplasticity and regulation of the spine-neck length in dendrite.”
  • Keystone Symposia: Hippocampaus: The Intergration of Molecular Mechanisms and cognitive function, Taos, USA, March 1-6, 2001. Y. Sekino and T. Shirao
    Adenosine A1 receptor regulate, “the signal flow in rat hippocampus: Optical imaging analysis.”
  • Keystone Symposia: The Synapse, Taos, USA, March 1-6, 2001. T. Shirao and Y. Sekino
    “Developmentally-regulated and activity-dependent translocation of drebrin within the neuron.”

国内学会

  • 小田修、手塚美佳、西秀夫、永関慶重、西松輝高、小林聡、白尾智明、井上洋「脳損傷後の細胞反応と空洞形成」第13回神経損傷の基礎シンポジウム2001年12月1日
  • 手塚美佳、小田修、西秀夫、永関慶重、西松輝高、小林聡、白尾智明、井上洋「幼若脊髄の修復と関与する細胞反応」第13回神経損傷の基礎シンポジウム2001年12月1日
  • 伊藤真、三宅章吾、沢田康次 「ラットの空間探索課題における強化学習モデル」第10回海馬と高次機能学会 2001年11月3日~4日
  • 高橋秀人、関野祐子、白尾智明 「海馬神経細胞における樹状突起スパインの発生過程とドレブリンとファッシンの局在変化」第10回海馬と高次機能学会 2001年11月3日~4日
  • 張捷、白尾智明、関野祐子「海馬CA2領域におけるアデノシンA1受容体とadenylyl cyclaseによるシナプス伝達の調節」第10回海馬と高次機能学会 2001年11月3日~4日
  • Jie Zhang, 白尾智明、関野祐子 「海馬スライス標本における『forskolinとadenosineA1受容体拮抗薬の相乗効果』に対するcalucium channel拮抗薬の効果」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日
  • 高橋秀人、関野祐子、白尾智明「海馬神経細胞におけるアクチン結合蛋白ドレブリンの活動依存的局在変化」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日
  • 田中聡一、関野祐子、白尾智明 「樹状突起スパインの形態形成におけるドレブリンA発現阻害の影響」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日
  • 小林利佳、田中聡一、稲田健、白尾智明、佐治真理 「アンチセンスによるドレブリン発現全脳ノックダウンラットの認知障害」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日
  • 関野祐子 「海馬のリズム」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日 (シンポジウム「リズムと揺らぎの神経科学」))
  • 白尾智明・吉岡亮「リズムとゆらぎの神経科学」第24回日本神経科学、第44回日本神経化学合同大会 2001年9月26日~28日 (シンポジウム座長)
  • 張捷、白尾智明、関野祐子「海馬CA2領域におけるアデノシンA1受容体とadenylyl cyclaseによるシナプス伝達の調節」第78回日本生理学会大会2001年3月29日~31日
  • 関野祐子、佐治真理、白尾智明「海馬情報処理のゲート機構と上乳頭体核神経活動」第78回日本生理学会大会2001年3月29日~31日
  • 白尾智明、仁木宏明「情動と記憶」第78回日本生理学会大会2001年3月29日~31日(シンポジウム企画)
  • 関野祐子、張捷、白尾智明「海馬内シナプス伝達におけるフォルスコリンとアデノシンA1受容体拮抗薬による相乗効果」第74回日本薬理学会年会2001年3月21日~23日

ページトップへ