脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2007年

論文

  • 白尾智明「統合領域としての生理学の存在意義」日本生理学雑誌69,341-342(2007)
  • 高橋秀人、白尾智明「スパイン形成過程におけるタンパク質間相互作用」生体の科学58(5):472-473, 2007
  • 花村健次、白尾智明「神経細胞樹状突起スパインのアクチン細胞骨格」日本薬理学雑誌130,352~357(2007)
  • 白尾智明「シナプス特異的アクチン結合蛋白ドレブリンを用いた神経細胞老化診断システムの開発」北関東産学官研究会 技術情報誌「HiKaLo」 26: 24-27 (2007)
  • 高橋秀人、白尾智明「スパイン形成過程におけるタンパク質間相互作用」生体の科学58: 103-107 (2007)
  • 二木宏明、児島伸彦 "忘却:その心理学的知見と分子生物学的知見." Brain Medical 19, 101-108, 2007.
  • 高橋秀人、白尾智明 「スパイン形成とシナプス後部アクチンの特殊化-ドレブリンの関与」 生体の科学 58: 103-107 (2007)
  • 田中聡一、白尾智明 「シグナルトランスダクション――レセプターと細胞内情報伝達カスケード」pp, 240-243 石渡、桂、桐野、美宅 編 「生物物理学ハンドブック」朝倉書店 (2007)
  • 児島伸彦「Fyn 遺伝子改変マウスにおける行動表現型とその分子機構」  The Kitakanto Medical Journal 57, 61-62, (2007)
  • Aoki C, Mahadomrongkul V, Fujisawa S, Habersat R, and Shirao T. “Chemical and morphological alterations of spines within the hippocampus and entorhinal cortex precedes the onset of Alzheimer's disease pathology in double knock-in mice” J. Comp. Neurol. 505:352?362 (2007)
  • Sekino Y, Shirao T. “Role for signal propagation through the hippocampal CA2 field in memory formation”, pp254-266. in Web Intelligence Meets Brain Informatics  Ning Zhong, Jiming Liu, Yiyu Yao, Jinglong Wu, Shengfu Lu, Kuncheng Li (Eds) in Lecture Notes in Artificial Intelligence. Springer (2007)
  • Sekino Y., Kojima  N., Shirao T. "Role of actin cytoskeleton in dendritic spine morphogenesis."Neurochem Int. 51: 92-104 (2007)
  • Kobayashi, C., Aoki, C., Kojima, N., Yamazaki, H., and Shirao, T., “Drebrin A content correlates with spine head size in the adult mouse cerebral cortex” J. Comp. Neurol. 503: 618-26. (2007)
  • Kato, K., Sekino, Y., Takahashi, H., Yasuda, H., Shirao, T., “Increase of AMPA receptors-mediated miniature EPSC amplitude after chronic NMDA receptor blockade in cultured hippocampal neurons” Neurosci. Lett.. 418(1):4-8. (2007)
  • Kojima, N., Shirao, T. “Synaptic dysfunction and disruption of the postsynaptic drebrin-actin complex: the study of neurological disorders accompanied by cognitive deficits.” Neurosci. Res. 58.1-5, (2007).
  • Majoul, I., Shirao, T., Sekino, Y., Duden, R. “Many faces of Drebrin: from building dendritic spines and stabilizing gap junctions to shaping neurite-like cell processes” Histochem. Cell Biol.127: 355-61. (2007)

国際学会

  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2007.KatoK, Sekino Y, Takahashi H, Yasuda H, and Shirao T “Chronic NMDA receptor blockade induces homeostatic synaptic scaling of AMPA receptors in cultured hippocampal neurons” San Diego, CA, Nov. 3-7
  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2007. Takahashi H, Yamazaki H, and Shirao T “AMPA-type glutamate receptors regulate drebrin turnover during development” San Diego , CA, Nov. 3-7
  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2007. Mizui T, Katayama M, and Shirao T “Roles of drebrin in the neurite outgrowth” San Diego , CA , Nov. 3-7
  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2007 Aok C, Fujisawa S, Mahadomrongkul V, Habersat R, Sabaliauskis N, Hernandez H, Levy R, Kojima N and Shirao T. “Alzheimer’s model animals show reduction of drebrin A within spines and this may lead to impairment of synaptic activity-dependent trafficking of NMDAR subunits into spines.” San Diego , CA , Nov. 3-7
  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2007 Okamoto T, Shirao T, Nagao S “Time for consolidation of motor memory during motor learning estimated long-term adaptation of horizontal optokinetic response eye movement in mice” San Diego, CA, Nov. 3-7
  • 21th ISN Biennial Meeting related Meeting, August 23, 2007, Cancun , Mexico . Shirao, T., Takahashi, H., Mizui, T., Sekino, Y. “Genetic and activity-dependent control of spinous actin cytoskeleton in spine formation.” in the one day Symposium
  • 7th IBRO World Congress of Neuroscience, Melbourne  AUSTRALIA JULY 12-17 2007, Shirao, T. “Bidirectional regulation of NMDA receptor and actin cytoskeleton in dendritic spine” in the symposium of “MECHANISMS OF STRUCTURAL PLASTICITY AT EXCITATORY SYNAPSES”

国内学会

  • 竹田麗子、児島伸彦、、白尾智明 「嗅球摘出マウスにおける行動・脳内活動・遺伝子発現の解析」 シナプス研究会、岡崎、2007年12月6日~7日
  • 花村健次、白井克幸、水井利幸、吉田由香里、岡本雅彦、鈴木義行、中野隆史、白尾智明「X線照射による樹状突起スパインのアクチン細胞骨格系への影響」第16回海馬と高次脳機能学会、奈良、2007年11月24日~25日
  • 竹田麗子, 長田千愛, 児島伸彦, 白尾智明 「嗅球摘出マウス海馬におけるシナプス可塑性関連遺伝子の発現変化」第54回北関東医学会総会、前橋、2007年9月27日~28日
  • 水井利幸、片山理人、白尾智明 「Enhancement of axon and dendrite outgrowth by drebrin expression at early developmental stages in hippocampal neurons」第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 小林千穂、Chiye Aoki、白尾智明 「Relation between dendritic spine size and its drebrin A level in adult mouse brain」 第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 花村健次、宋明橋、児島伸彦、関野祐子、白尾智明 「Cessation of neuronal migration in adult rodent olfactory bulb is paralleled with the disappearance of drebrin E from the cell body」 第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 山崎博幸、加藤健一、笹川快夫、関野祐子、白尾智明 「Spikar-dependent spine formation does not necessary need the translocation of Spikar into nucleus..」 第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 加藤健一、白尾智明、高橋秀人、関野祐子「Effects of chronic blockade of NMDA receptors during synaptogenesis on glutamate receptor-mediated currents in cultured hippocampal neurons」 第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 白井克幸、水井利幸、吉田由香里、岡本雅彦、鈴木義、花村健、中野隆史、白尾智明 「Effect of X-irradiation on dendritic spines morphology of hippocampal neurons」 第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 白尾智明「Glutamate receptor activity regulates drebrin-dependent accumulation of spine resident proteins」(シンポジウム「神経活動とスパイン形態:アクチンダイナミズムとその制御因子」)第30回日本神経科学大会、横浜、2007年9月10日~12日
  • 花村健次、宋明橋、児島伸彦、関野祐子、白尾智明 「成体脳の新生神経細胞の移動停止時にドレブリンEは細胞体から消失する。」第22回神経組織の成長・再生・移植研究会 学術集会、岡山、2007年5月26日
  • 白尾智明「神経細胞樹状突起のアクチン細胞骨格」 第80回日本薬理学会年会、名古屋、2007年3月14日~16日 (シンポジウム「神経系アクチン細胞骨格の基礎と臨床」)(口演)
  • 高橋秀人、山崎博幸、白尾智明 「Sequential regulation of dendritic spine morphogenesis during development by AMPA-type and NMDA-type glutamate receptors」 第80回日本薬理学会年会 (年会優秀発表賞ミニシンポジウム)、名古屋、2007年3月14日~16日(口演)
  • 加藤健一、高橋秀人、白尾智明、関野祐子 「Increase of AMPA-mediated mEPSC amplitude induced by chronic treatment with AP5 in cultured hippocampal neurons」 第80回日本薬理学会年会、名古屋、2007年3月14日~16日
  • 山崎博幸、加藤健一、関野祐子、児島伸彦、白尾智明 「Spikar plays a role in dendritic spine formation but not in synapse formation.」 第84回日本生理学会大会、大阪、2007年3月20日~22日

研究費

科学研究費

  • 基盤研究(A)(2007-2010) アクチンによるシナプス機能制御とその高次脳機能における役割 (代表者 白尾)

学内の競争的資金

  • 教育研究改革・プロジェクト経費(若手研究助成)(2007) ドレブリンA欠損マウスで見られたシナプス形成・可塑性異常の分子メカニズムの解明 (代表者 花村)

助成金

  • 水井 利幸, D3, 若手研究者等海外派遣助成金, 第37回米国神経科学学会派遣

ページトップへ