脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2009年

論文

  • 児島伸彦「注目の遺伝子 ICER」 分子精神医学.9, 69-71 (2009)
  • 児島伸彦「PTSDの分子メカニズム」 Clinical Neuroscience 27:248-249 (2009)
  • Okamoto M, Suzuki Y, Shirai K, Mizui T, Yoshida Y, Noda S,. Al-Jahdari WS, Shirao T, Nakano T. “Effect of Irradiation on the Development of Immature Hippocampal Neurons In Vitro” Radiat Res 172:718-724 (2009)
  • Aoki C, Kojima N, Sabaliauskas N, Shah L, Oakford J, Ahmed T, Yamazaki H, Hanamura K, Shirao T “Drebrin A Knock-Out Eliminates the Rapid Form of Homeostatic Synaptic Plasticity at Excitatory Synapses of Intact Adult Cerebral Cortex” J Comp Neurol  517:105-121 (2009)
  • Ito M, Shirao T, Doya K, Sekino Y. “Three-dimensional distribution of Fos-positive neurons in the supramammillary nucleus of the rat exposed to novel environment.” Neurosci. Res.64:397-402 (2009)
  • Mizui T., Kojima N, Yamazaki H, Katayama M, Hana mura K, Shirao T. “Drebrin E is involved in the mechanism regulating axonal growth through actin-myosin interactions.” J Neurochem109:611-622 (2009).
  • Takahashi, H, Yamazaki, H, Hanamura K, Sekino Y and Shirao T “AMPA receptor inhibition causes abnormal dendritic spines by destabilizing drebrin” J Cell Sci. 122:1211-1229 (2009)
  • Ivanov A, Esclapez M, Pellegrino1 C, Tomoaki Shirao T, and Ferhat L. “Drebrin A regulates the dendritic spine plasticity and synaptic function in cultured hippocampal neurons” J. Cell Sci. 122: 524-534 (2009)

国際学会

  • 21th ISN Biennial Meeting, 2009Shirao, T., Hanamura, K., Takahashi, H., Mizui, T., Sekino, Y.”Regulation of dendritic spine morphology by changing drebrin-A dynamics” Busan, Korea, August 23-28
  • UPS2009, 2009, Shirao T “Role of synaptic activity in spine morphogenesis” in Symposium “Intercellular communications in the brain” (Invited ) Kyoto, July 27-August 1
  • IUPS2009, 2009, Majoul I, Shirao T, Duden R “Drebrin-mediated establishment of cell-cell contacts by neuronal connexins.” in Symposium “Intercellular communications in the brain” Kyoto, July 27-August 1
  • IUPS2009, 2009, Kato K, Yamazaki H, Shirao T, Sekino Y. “Maturation of AMPA receptors activity is regulated by expression of drebrin, an actin-binding protein, in cultured hippocampal neurons.” Kyoto, July 27-August 1
  • IUPS2009, 2009, Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Yamazaki H, Shirao T “Specific role of neuronal isoform of drebrin in hippocampal synaptic plasticity and fear memory.” Kyoto, July 27-August 1

国内学会

  • 白尾智明 「分子・細胞レベルから見たこころの形成過程」脳科学最前線2009 ~階層性と多様性の問題への挑戦~、前橋、2008年11月25日
  • 児島伸彦.情動記憶障害のモデル動物の解析.東京都精神医学総合研究所セミナー(11月24日)
  • 山崎博幸、竹田麗子、白尾智明「新規ドレブリン結合タンパク質の同定とその機能解析」第18回海馬と高次脳機能学会、金沢、2009年11月21日~22日 
  • 竹田麗子、山崎博幸、花村健次、白尾智明「樹状突起スパインの形態変化におけるドレブリンの役割」第56回北関東医学会総会、前橋、2009年10月8日~9日(優秀発表賞
  • 白尾智明、水上喜久、花村健次、吉田由香里、鈴木義行、中野隆史、児島伸彦「成熟脳の新生ニューロン放射線感受性の成熟過程における変化」第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16日~18日
  • 花村健次、児島伸彦、山崎博幸、白尾智明「アクチン結合タンパク質ドレブリンのアイソフォーム特異的なスパイン内における動態」第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16日~18日
  • 岡本武人、白尾智明、永雄総一「小脳依存性運動記憶の獲得と維持にタンパク合成が関与しているか」第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16日~18日
  • 山崎博幸、児島伸彦、白尾智明「ドレブリン結合タンパク質SPIKARの細胞内輸送シグナル配列の同定」第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16日~18日
  • 児島伸彦.情動記憶の分子基盤―遺伝子改変マウスを用いた研究.シンポジウム11 術中覚醒と記憶:記憶のメカニズムから発生時の対処方法まで.日本麻酔科学会第56回学術集会(8月18日 神戸)
  • 児島伸彦、青木ちえ、花村健次、山崎博幸、白尾智明「ドレブリンA欠失による文脈依存的恐怖条件づけの障害とNMDA受容体の恒常性可塑性の異常」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日
  • 竹田麗子、児島伸彦、白尾智明「嗅球摘出マウス脳におけるシナプス可塑性関連遺伝子の発現量変化」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日
  • 山崎博幸、児島伸彦、白尾智明「ドレブリン結合タンパク質Spikarによるスパイン形成への関与及びその機能ドメインの特定」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日
  • 花村健次、水井利幸、白尾智明「アクトミオシン系におけるドレブリンEを介したアクチン側からの制御の軸索成長に与える役割」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日(シンポジウム)
  • 水井利幸、白尾智明、関野祐子「培養海馬神経細胞における樹状突起スパインからシャフトへのドレブリントランスロケーションの調節メカニズム」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日
  • 白尾智明「成熟脳における新生ニューロンの分化段階と放射線耐性出現」第52回日本神経化学大会、伊香保、2009年6月21日~24日(理事会企画オープンシンポジウム)
  • 関野祐子、水井利幸、白尾智明「ドレブリンの樹状突起スパインからシャフトへの移行における分子メカニズムの検討」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 水井利幸、山崎博幸、白尾智明「ドレブリンEはアクチン-ミオシン相互作用を介して軸索成長調節に関与する」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 水上喜久、花村健次、白尾智明「成体ラット脳内における新生ニューロンへの放射線感受性の検討」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 竹田麗子、山崎博幸、白尾智明「樹状突起スパインの形態変化におけるドレブリンの役割」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 山崎博幸、白尾智明「ドレブリン結合タンパク質Spikarは細胞質でスパイン形成に関与する」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 児島伸彦、花村健次、山崎博幸、白尾智明「樹状突起スパインのアクチン結合蛋白ドレブリンA欠失による文脈依存的恐怖条件づけの障害」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日
  • 花村健次「興奮性及び抑制性ニューロン上のグルタミン酸作動性シナプスの免疫細胞化学的解析」神経組織の成長・再生・移植研究会 第24回学術集会、伊香保、2009年6月21日

研究費

科学研究費

  • 若手研究(B) (2009-2010) シナプス局在転写調節因子による新しい樹状突起スパイン形成機構の解明 (代表者 山崎)

ページトップへ