脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

業績集

論文のリプリント(PDF)が必要な方はメール頂ければ送付します。ご連絡先はこちら

2010年

論文

  • 山崎博幸、白尾智明「シナプスの細胞骨格」Clinical Neuroscience 28:858-861 (2010)
  • 児島伸彦「シナプスの病態としてのPTSD」 Clinical Neuroscience 28:925-927 (2010)
  • Kaminuma T, Suzuki Y, Shirai K, Mizui T, Noda S, Yosida Y, Funayama T, Takahasi T, Kobayashi Y, Shirao T, Nakano T. “Effectiveness of carbon-ion beams for apoptosis induction in rat primary immature hippocampal neurons” J. Rad. Res. 51:627-631 (2010)
  • Hanamura, K, Mizui T,  Kakizaki T, Roppongi TR, Yamazaki H, Yanagawa Y, Shirao T. “Low accumulation of drebrin at glutamatergic postsynaptic sites on GABAergic neurons” Neuroscience  169: 1489-1500 (2010)
  • Perez-Martinez M, Gordon-Alonso M, Cabrero JR, Barrero-Villar M, Rey M, Mittelbrunn M, Lamana A, Morlino G, Calabia C, Yamazaki H, Shirao T, Vazquez J, Gonzalez-Amaro R, Veiga E, Sanchez-Madrid F. “F-actin-binding protein drebrin regulates CXCR4 recruitment to the immune synapse” J. Cell Sci.123:1160-1170 (2010)
  • Mercer JC, Mottram LF Qi Q, Lee YC, Bruce D, Iyer A, Yamazaki H, Shirao T, Choe MH,. Peterson BR, August A “Chemico-Genetic Identification of Drebrin as a Regulator of Calcium Responses.” Int. J. Biochem. Cell Biol. 42:337-345 (2010)
  • Kojima N, Hanamura K, Yamazaki H, Ikeda T, Itohara S, Shirao T. “Genetic disruption of the alternative splicing of drebrin gene impairs context-dependent fear learning in adulthood” Neuroscience 165: 138-150 (2010)

国際学会

  • Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, 2010, Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Shirao T. “Neuron-specific drebrin isoform is necessary for hippocampus-dependent learning in adulthood but not in young age of mice” San Diego, USA, November 13-17,
  • The 10th Biennial Meeting of the APSN Meeting, 2010. Shirao T, Hanamura K. “Low accumulation of drebrin at glutamatergic postsynaptic sites on GABAergic neurons.” Phuket, Thailand, October 17-20

国内学会

  • 花村健次、鎌田洋輔、山崎博幸、児島伸彦、白尾 智明 「海馬ニューロンの樹状突起スパインにおけるドレブリンのアイソフォーム特異的な動態の制御機構」第19回海馬と高次脳機能学会、金沢、2010年11月20日~21日
  • 六本木(竹田)麗子 白尾智明「5-HT2A受容体の活性化によるアクチン細胞骨格の変化」第57回北関東医学会総会、前橋、2010年10月7日~8日
  • 鎌田洋輔、小林孝安、白尾智明、花村健次「樹状突起スパインにおけるドレブリンのアイソフォーム特異的な動態の制御機構」第57回北関東医学会総会、前橋、2010年10月7日~8日
  • 六本木 T 麗子、花村健次、白尾智明 「Inhibitory effect of 5-HT2A receptor activity on drebrin accumulation in dendritic spines」第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 謝敏かく、猪口徳一、八木秀司、白尾智明、佐藤真「LL5βは樹状突起スパインの形態形成および成熟を制御する」第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 児島伸彦、安田浩樹、花村健次、白尾智明「Age-dependent impairments of hippocampal synaptic plasticity and hippocampus-dependent learning in drebrin A-specific knockout mice」第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 花村健次、鎌田洋輔、山崎博幸、児島伸彦、竹田麗子、白尾智明「」アクチン結合タンパク質ドレブリンのスパイン内動態を制御するメカニズムの解析」第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 藤枝智美、朽名夏麿、上野正義、門真和音、三輪秀樹、白尾智明、馳澤盛一郎、渡邉俊樹、関野祐子「Analysis of long-lasting hyperpolarization mediated by GABAb receptors in the lateral amygdala of mice slice preparation using voltage-sensitive dye imaging」 第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 岡本武人、白尾智明、遠藤昌吾、永雄総一「小脳依存性運動記憶の獲得にはタンパク質合成が必要か」 第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2010)、2010年9月2日~4日、神戸
  • 六本木T麗子、花村健次、白尾智明「」樹状突起スパイン細胞骨格に対するneuromodulatorの効果」日本分子生物学会第10回春季シンポジウム、2010年6月7日~8日、松島
  • 花村 健次、柳川右千夫、白尾智明「Low accumulation of drebrin in the postsynaptic sites of glutamatartic synap ses formed on GABAergic neurons」 第87回日本生理学会大会、2010年5月19日~21日、盛岡
  • 白尾智明、花村健次、高橋秀人「Activity-dependent and RNA-splicing-dependent mechanisms of dendritic spine formation via drebrin stabilization」第83回薬理学会年会、大阪、2010年3月16~18日
  • 児島伸彦、花村健次、白尾智明「Genetic disruption of the alternative splicing of drebrin gene impairs contextual fear learning」第83回薬理学会年会、大阪、2010年3月16~18日
  • 関野祐子、水井利幸、山崎博幸、白尾智明「ミオシンIIBを介する樹状突起スパイン内アクチン細胞骨格動態制御機構」第83回薬理学会年会、大阪、2010年3月16~18日

研究費

科学研究費

  • 基盤研究(C) (2010-2012) 情動記憶の分子機構に関わるmicroRNAの同定とその機能解析 (代表者 児島)
  • 挑戦的萌芽研究 (2010-2011) 放射線感受性による神経細胞分化の脳内マッピング (代表者 白尾)

その他の外部資金

  • 乙卯研究所研究助成金 (2010)  成体脳における新生ニューロンの放射線感受性に対するレチノイドの影響 (代表者 花村)

学内の競争的資金

  • 研究活動活性化プログラム (2010) 精神疾患脆弱性の基盤となるシナプスのアクチン細胞骨格系の動態に関する研究 (代表者 六本木)
  • 研究活動活性化プログラム (2010) 神経修飾物質による扁桃体神経ネットワークの応答性の変化に関する研究 (代表者 藤枝)

ページトップへ