脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

講義・セミナー

2017年

教室セミナー

日時担当タイトル
2017/5/31花村 健次Zahid Padamsey, Lindsay McGuinness, Scott J. Bardo, Marcia Reinhart, Rudi Tong, Anne Hedegaard, Michael L. Hart, Nigel J. EmptageActivity-Dependent Exocytosis of Lysosomes Regulates the Structural Plasticity of Dendritic Spines Neuron.93,132-146 2017要約
2017/5/17山﨑 博幸Richard Sando, Eric Bushong, Yongchuan Zhu, Min Huang, Camille Considine, Sebastien Phan,4
Suyeon Ju, Marco Uytiepo, Mark Ellisman, and Anton Maximov
Assembly of Excitatory Synapses in the Absence of Glutamatergic Neurotransmission Neuron. (2017) 94:312-321 要約
2017/4/27安田 浩樹Takashi Kitamura* Sachie K. Ogawa* Dheeraj S. Roy* Teruhiro Okuyama,Mark D. Morrissey, Lillian M. Smith,1 Roger L. Redondo, Susumu Tonegawa
Engrams and circuits crucial forsystems consolidation of a memory Science 356, 73–78 ,2017要約
2017/4/12Anggraeini PuspitasariKaluski S, Portillo M, Besnard A, Stein D, Einav M, Zhong L, Ueberham U, Arendt T, Mostoslavsky R, Sahay A, Toiber D. Neuroprotective Functions for the Histone Deacetylase SIRT6. Cell Rep. 2017 Mar 28;18(13):3052-3062.要約
2017/3/29小金澤 紀子Donato F, Jacobsen RI, Moser MB, Moser EI. Stellate cells drive maturation of the entorhinal-hippocampal circuit. science(2017)355,aai8178要約
2017/3/1邱 宇楷Sevigny J, Chiao P, Bussière T, Weinreb PH, Williams L, Maier M, Dunstan R, Salloway S, Chen T, Ling Y, O'Gorman J, Qian F, Arastu M, Li M, Chollate S, Brennan MS, Quintero-Monzon O, Scannevin RH, Arnold HM1, Engber T, Rhodes K, Ferrero J, Hang Y, Mikulskis A, Grimm J, Hock C, Nitsch RM, Sandrock A. The antibody aducanumab reduces Aβ plaques in Alzheimer’s disease. Nature. 2016 Sep 1;537(7618):50-6. 要約
2017/2/15安田 浩樹Diering GH, Nirujogi RS, Roth RH, Worley PF, Pandey A, Huganir RL. Homer1a drives homeostatic scaling-down of excitatory synapses during sleep Science 355, 511-515, 2017 要約
2017/1/25花村 健次Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Takase K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Komiya K, Suyama K, Sano A, Taguchi A, Takahashi T. Neonatal isolation augments social dominance by altering actin dynamics in the medial prefrontal cortex. PNAS (2016) [Epub ahead of print] 要約
2017/1/11山﨑 博幸Nager AR, Goldstein JS, Herranz-Pérez V, Portran D, Ye F, Garcia-Verdugo JM, Nachury MV. An Actin Network Dispatches Ciliary GPCRs into Extracellular Vesicles to Modulate Signaling. Cell (2017) 168: 252-263. 要約

脳神経発達統御学セミナー

大学院講義・実習

医学部講義

2016年

教室セミナー

日時担当タイトル
2016/12/14岡 丈朗Xiaojing Ye, Dana Kapeller-Libermann, Alessio Travaglia, M Carmen Inda & Cristina M Alberini. Direct dorsal hippocampal-prelimbic cortex connections strengthen fear memories. Nat Neurosci. (2017) 20: 52-61. 要約
2016/11/16Miao ShunchuanSaab AS, Tzvetavona ID, Trevisiol A, Baltan S, Dibaj P, Kusch K, Möbius W, Goetze B, Jahn HM, Huang W, Steffens H, Schomburg
ED, Pérez-Samartín A, Pérez-Cerdá F, Bakhtiari D, Matute C, Löwel S, Griesinger C, Hirrlinger J, Kirchhoff F, Nave KA. Oligodendroglial NMDA Receptors Regulate Glucose Import and Axonal Energy Metabolism. Neuron (2016) 91: 119-132. 要約
2016/9/21石塚 佑太Narushima M, Uchigashima M, Yagasaki Y, Harada T, Nagumo Y, Uesaka N, Hashimoto K, Aiba A, Watanabe M, Miyata M, Kano M. The Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 1 Mediates Experience-Dependent Maintenance of Mature Synaptic Connectivity in the Visual Thalamus. Neuron (2016) 91: 1097-1109. 要約
2016/9/7小金澤 紀子Travaglia A, Bisaz R, Sweet ES, Blitzer RD, Alberini CM. Infantile amnesia reflects a developmental critical period for hippocampal learning. Nat Neurosci. (2016) 19: 1225-1233. 要約
2016/7/26Justus ErnestiTwelvetrees AE, Pernigo S, Sanger A, Guedes-Dias P, Schiavo G, Steiner RA, Dodding MP, Holzbaur EL. The Dynamic Localization of Cytoplasmic Dynein in Neurons Is Driven by Kinesin-1. Neuron (2016) 90: 1000-1015.
2016/7/6岡 丈朗Panos Zanos, Ruin Moaddel , Patrick J. Morris, Polymnia Georgiou , Jonathan Fischell, Greg I. Elmer, Manickavasagom Alkondon , Peixiong Yuan, Heather J. Pribut1 , Nagendra S. Singh, Katina S. S. Dossou , Yuhong Fang, Xi-Ping Huang, Cheryl L. Mayo, Irving W. Wainer †, Edson X. Albuquerque, Scott M. Thompson, Craig J. Thomas, Carlos A. Zarate Jr & Todd D. Gould. NMDAR inhibition-independent antidepressant actions of ketamine metabolites. Nature (2016) 533: 481-490. 要約
2016/6/15花村 健次Tuo P. Li, Yu Song, Harold D. MacGillavry, Thomas A. Blanpied, and Sridhar Raghavachari. Protein Crowding within the Postsynaptic Density Can Impede the Escape of Membrane ProteinsProtein Crowding within the Postsynaptic Density Can Impede the Escape of Membrane Proteins. J. Neurosci. (2016) 36: 4276-7295. 要約
2016/6/1山﨑 博幸Karam Kim, Gurpreet Lakhanpal, Hsiangmin E. Lu, Mustafa Khan, Akio Suzuki, Mariko Kato Hayashi,
Radhakrishnan Narayanan, Thomas T. Luyben, Tomoki Matsuda, Takeharu Nagai, Thomas A. Blanpied,
Yasunori Hayashi, and Kenichi Okamoto. “A Temporary Gating of Actin Remodeling during Synaptic Plasticity Consists of the Interplay between the Kinase and Structural Functions of CaMKII.” Neuron (2015) 87: 813–826. 要約
2016/5/18安田 浩樹Wagner KV, Hartmann J, Labermaier C, Häusl AS, Zhao G, Harbich D, Schmid B, Wang XD, Santarelli S, Kohl C, Gassen NC, Matosin N, Schieven M, Webhofer C, Turck CW, Lindemann L, Jaschke G, Wettstein JG, Rein T, Müller MB, Schmidt MV. "Homer1/mGluR5 activity moderates vulnerability to chronic social stress." Neuropsychopharmacology. (2015) 40:1222-1233. 要約
2016/4/27苗 樹川Villa KL, Berry KP, Subramanian J, Cha JW, Oh WC, Kwon HB, Kubota Y, So PT, Nedivi E.
"Inhibitory Synapses Are Repeatedly Assembled and Removed at Persistent Sites In Vivo."
Neuron (2016) 89:756-769. 要約
2016/3/18小金澤 紀子Sanderson JL, Gorski JA and Dell'Acqua
"NMDA Receptor-Dependent LTD Requires Transient Synaptic Incorporation of Ca(2+)-Permeable AMPARs Mediated by AKAP150-Anchored PKA and Calcineurin."
ML. Neuron (2016) 89:1000-15. 要約
2016/3/11石塚 佑太Knafo S, Sánchez-Puelles C, Palomer E, Delgado I, Draffin JE, Mingo J, Wahle T, Kaleka K, Mou L, Pereda-Perez I, Klosi E, Faber EB, Chapman HM, Lozano-Montes L, Ortega-Molina A, Ordóñez-Gutiérrez L, Wandosell F, Viña J, Dotti CG, Hall RA, Pulido R, Gerges NZ, Chan AM, Spaller MR, Serrano M, Venero C, Esteban JA.
"PTEN recruitment controls synaptic and cognitive function in Alzheimer’s models"
Nat Neurosci. 19: 443-453 (2016) 要約
2016/2/19花村 健次Weilinger NL, Lohman AW, Rakai BD, Ma EM, Bialecki J, Maslieieva V, Rilea T, Bandet MV, Ikuta NT, Scott L, Colicos MA, Teskey GC, Winship IR, Thompson RJ
"Metabotropic NMDA receptor signaling couples Src family kinases to pannexin-1 during excitotoxicity"
Nature Neuroscience. (2016) Feb 8. [Epub ahead of print] 要約
2016/1/29山崎 博幸van Beuningen SF, Will L1, Harterink M, Chazeau A, van Battum EY, Frias CP, Franker MA, Katrukha EA, Stucchi R, Vocking K, Antunes AT, Slenders L, Doulkeridou S, Sillevis Smitt P, Altelaar AF, Post JA, Akhmanova A, Pasterkamp RJ, Kapitein LC, de Graaff E, Hoogenraad CC
TRIM46 Controls Neuronal Polarity and Axon Specification by Driving the Formation of Parallel Microtubule Arrays"
Neuron. (2015) 88:1208-26. 要約
2016/1/15安田 浩樹Fikri Birey, et al.
"Genetic and Stress-Induced Loss of NG2 Glia Triggers Emergence of Depressive-like Behaviors through Reduced Secretion of FGF2"
Neuron 88: 1-16, 2015 要約
2016/1/8岡 丈郎T Isosaka, T Matsuo, T Yamaguchi, K Kobayakawa 
"Htr2a-Expressing Cells in the Central Amygdala Control the Hierarchy between Innate and Learned Fear."
Journal club, January 8, 2016 Cell (2015), 163, p.1153-1164 要約

脳神経発達統御学セミナー

大学院講義・実習

医学部講義

行動科学

授業科目名行動科学対象年次3年次
科目責任者 (コーディネーター)白尾智明
講義日時 
キーワード脳、行動、神経回路、神経細胞、シナプス、薬理作用
講義の概要脳科学に関する基礎、応用知識を学ぶ。並行して、最新の神経科学的観点から行動の形成原理を概観する。
目標及び期待される効果本授業では、神経科学の基礎を修得するとともに、神経科学的観点から行動の形成原理を考察できるようになることが期待される。また、これらの知識を精神・神経疾患の分子メカニズム理解に結びつく知識を獲得することが期待される。
展開回数授業日授業題目・内容等担当教官名
第1回   
第2回   
第3回   
第4回   
第5回   
第6回   
第7回   
第8回   
第9回   
第10回   
第11回   
第12回   
第13回   
第14回   
第15回   
第16回   
第17回   
第18回   
第19回   
第20回   
第21回   
第22回   
第23回   
第24回   
第25回   
参考図書/テキストテ キスト:Lippincott Illustrated Reviews Neuroscience (LWW)       カールソン神経科学テキスト 脳と行動 (丸善出版)       Biological Psychology: an Introduction to Behavioral and Cognitive Neuroscience (SINAUER) 参考図書:インテグレイテッドシリーズ 神経科学 (東京化学同人)
このページおよびリンク先のPDFファイルの教育目的以外の使用は禁止します。
形式講義および実習。実習は4グループに分かれ、薬理学と合同で行う。実習の組分け等についてはガイダンスの時に説明する。
成績評価試験(小テスト20点、本テスト70点)と実習および実習レポート(実習点10点)。 (講義の出席チェックは適宜行う。実習の出欠は毎回とる。)
メッセージ

講義、実習内容を超えて行動科学を学びたい学生は神経薬理学分野の研究に参加することができるので、気軽に申し出てください。
また、上記表中の授業題目・内容のからダウンロードできるファイルは、本講義の復習用に個人的に使う以外の使用は禁止します。

オフィスアワー午後1時から5時

薬理学I(神経薬理)

授業科目名薬理学I対象年次3年次
科目責任者 (コーディネーター)白尾智明
講義日時 
キーワード薬理学、中枢神経系、安全性薬理、臨床薬理
講義の概要中枢性神経薬理学全般、臨床薬理学、創薬(特に安全性薬理)、漢方薬の薬理学を講義する。
目標及び期待される効果中枢性神経薬理学全般、臨床薬理学、創薬(特に安全性薬理)、漢方薬の薬理学を理解するとともに、生体の仕組みを定量的に理解できるようにする。
展開回数授業日授業題目・内容等担当教官名
第 1 回   
第 2 回   
第 3 回   
第 4 回   
第 5 回   
第 6 回   
第 7 回   
第 8 回   
第 9 回   
第10 回   
第11 回   
第12 回   
第13 回   
第14 回   
第15 回   
第16 回   
第17 回   
第18 回   
第19 回   
第20 回   
参考図書/テキスト テキスト:NEW薬理学(改訂第6版)南江堂 参考図書:入門漢方医学 日本東洋医学会学術教育委員会編 南江堂
このページおよびリンク先のPDFファイルの教育目的以外の使用は禁止します。
形式 
成績評価薬理学I:試験(70%)、小テスト(各10%、計20%)、実習および実習レポート(10%)
メッセージ上記表中の授業題目・内容のからダウンロードできるファイルは、本講義の復習用に個人的に使う以外の使用は禁止します。
オフィスアワー 
 

2015年

教室セミナー

日時担当タイトル
2015/12/11Anggraeini PuspitasariKorb et al.,
"BET protein Brd4 activates transcription in neurons and BET inhibitor Jq1 blocks memory in mice."
2015 Volume 18, Number 10, October 2015, Nature Neuroscience. 要約
2015/12/4梶田 裕貴B Adam Samuels,C Anacker, A Hu,M R L, K F Tanaka, & RHen.
"5-HT1A receptors on mature dentate gyrus granule cells are critical for the antidepressant response."
Nature Neuroscience. (2015) 18, 1606-1616. 要約
2015/11/27石塚 佑太S Sultan, L Li, JMoss, F Petrelli, F Cassé, E Gebara, J Lopatar, F W. Pfrieger, P Bezzi, J Bischofberger, N Toni
"Synaptic Integration of Adult-Born Hippocampal Neurons Is Locally Controlled by Astrocytes"
Neuron. (2015) in press 要約
2015/11/20小金澤 紀子Witton, Padmashri, and Zinyuk et al.,
"Hippocampal circuit dysfunction in the Tc1 mouse model of Down syndrome"
Nat Neurosci. 2015 Sep;18:1291-8. 要約
2015/11/13花村 健次Sonego M, Oberoi M, Stoddart J, Gajendra S, Hendricusdottir R, Oozeer F, Worth DC, Hobbs C, Eickholt BJ, Gordon-Weeks PR, Doherty P, Lalli G.
"Drebrin regulates neuroblast migration in the postnatal mammalian brain"
PLoS One. (2015) 10, e0126478.要約
2015/11/6安田 浩樹P Botta, L Demmou, Y Kasugai, M Markovic 
"Regulating anxiety with extrasynaptic inhibition"
Nat Neurosci. 2015 Oct;18(10):1493-500
2015/10/2岡 丈郎Jie-Min Jia, Jun Zhao, Zhonghua Hu, Daniel Lindberg & Zheng Li
"Age-dependent regulation ofsynaptic connections by dopamine D2 receptors"
Natureneuroscience (2013), Volume 16, p.1627-1636 要約
2015/7/24梶田 裕貴JValluy, S Bicker, A Aksoy-Aksel, M Lackinger, S Sumer, R Fiore, T Wüst, D Seffer, F Metge, C Dieterich, M Wöhr, R S & G Schratt
"A coding-independent function of an alternative Ube3a transcript during neuronal development" Nature Neuroscience (2015) 18, 666-673 要約
2015/6/26梶田 裕貴Fuentealba LC, Rompani SB, Parraguez JI, Obernier K, Romero R, Cepko CL, Alvarez-Buylla A.
"Embryonic Origin of Postnatal Neural Stem Cells"
Cell. 2015 Jun 18;161(7):1644-55. 要約
2015/6/19石塚 佑太Tsuboi D, Kuroda K, Tanaka M, Namba T, Iizuka Y, Taya S, Shinoda T, Hikita T, Muraoka S, Iizuka M, Nimura A, Mizoguchi A, Shiina N, Sokabe M, Okano H, Mikoshiba K, Kaibuchi K.
Disrupted-in-schizophrenia 1 regulates transport of ITPR1 mRNA for synaptic plasticity.
Nature Neuroscience. (2015) 18: 698-707
要約
2015/6/12小金澤 紀子Ryan TJ, Roy DS, Pignatelli M, Arons A, Tonegawa S.
"Engram cells retain memory under retrograde amnesia."
Science. 2015 348:1007-13.
2015/6/5花村 健次Jung G, Kim EJ, Cicvaric A, Sase S, Gröger M, Höger H, Sialana FJ, Berger J, Monje FJ, Lubec G.
"Drebrin depletion alters neurotransmitter receptor levels in protein complexes, dendritic spine morphogenesis and memory-related synaptic plasticity in the mouse hippocampus."
J Neurochem. 2015 Apr
2015/5/15安田 浩樹Ciocchi S, Passecker J, Malagon-Vina H, Mikus N, Klausberger T.
"Selective information routing by ventral hippocampal CA1 projection neurons."
Science. 2015 May 1;348(6234):560-3.
2015/5/1荒山 裕貴Y Nadjar, A Triller, J Bessereau, A Dumoulin
The Susd2 protein regulates neurite growth and excitatory synaptic density in hippocampal cultures
Molecular and Cellular Neuroscience (2015) 65, 82-91 要約
2015/4/24岡 丈郎岡 丈郎 卒論
「ICER過剰発現による神経細胞の形態変化に関する研究」要約
2015/4/3小金澤 紀子Zhang Y, Cudmore RH, Lin DT, Linden DJ, Huganir RL.
“Visualization of NMDA receptor-dependent AMPA receptor synaptic plasticity in vivo.”
Nat Neurosci. 2015;18:402-7 要約
2015/3/20清水 英雄McKay NJ, Galante DL, Daniels D.
"Endogenous glucagon-like peptide-1 reduces drinking behavior and is differentially engaged by water and food intakes in rats."
The Journal of Neuroscience (2014) 34: 16417-16423. 要約
2015/3/13梶田 裕貴Arruda-Carvalho M, Akers KG, Guskjolen A, Sakaguchi M, Josselyn SA, Frankland PW.
Posttraining Ablation of Adult-Generated Olfactory Granule Cells Degrades Odor–Reward Memories
The Journal of Neuroscience,2014,47:15793–15803 • 15793 要約
2015/2/27石塚 佑太Xu SQ, Buraschi S, Morcavallo A, Genua M, Shirao T, Peiper SC, Gomella LG, Birbe R, Belfiore A, Iozzo RV, Morrione A.
"A novel role for drebrin in regulating progranulin bioactivity in bladder cancer."
Oncotarget. 2015 May 10;6(13):10825-39.
2015/2/6安田 浩樹C. M.-Royal, Julien P, J. A Varela, A.Panatier, B.Pinson, J.Baufreton, L.Groc & S.H R Oliet
"Surface diffusion of astrocytic glutamate transporters shapes synaptic transmission"
Nature Neuroscience 18, 219–226 (2015). 要約
2015/1/16大津 真生Wei Z1, Sun M, Liu X, Zhang J, Jin Y.
Rufy3, a protein specifically expressed in neurons, interacts with actin-bundling protein Fascin to control the growth of axons.
J Neurochem. 2014 Sep;130(5):678-92. 要約
2015/1/9荒山 裕貴Hadile Ounallah-Saad, Vijendra Sharma, Efrat Edry, and Kobi Rosenblum
Genetic or Pharmacological Reduction of PERK Enhances Cortical-Dependent Taste Learning"
The Journal of Neuroscience (2014) 34, 14624-32.要約

脳神経発達統御学セミナー

 演者日時場所タイトル担当講座
第57回花村 健次 先生
(Department of Neurosciences (Farber Institute for Neurosciences)
Thomas Jefferson University, 現 群馬大学大学院医学系研究科 助教)
2015年5月22日(金) 17:00-18:00大学院セミナー室(臨床研究A棟8階)病的な痛みとNMDA受容体機能のEphBの細胞外リン酸化による調節機構神経薬理学

大学院講義・実習

医学部講義

行動科学

授業科目名行動科学対象年次3年次
科目責任者 (コーディネーター)白尾智明
講義日時9月2日~10月17日
キーワード脳、行動、神経回路、神経細胞、シナプス、薬理作用
講義の概要脳科学に関する基礎、応用知識を学ぶ。並行して、最新の神経科学的観点から行動の形成原理を概観する。
目標及び期待される効果本授業では、神経科学の基礎を修得するとともに、神経科学的観点から行動の形成原理を考察できるようになることが期待される。また、これらの知識を精神・神経疾患の分子メカニズム理解に結びつく知識を獲得することが期待される。
展開回数授業日授業題目・内容等担当教官名
第1回9月2日 2限行動科学序論:脳の動作原理白尾
第2回9月2日 3限神経系の細胞HP(ニューロン・アストロサイト・オリゴデンドロサイト・ミクログリア・ポリデンドロサイト・血液脳関門)白尾
第3回9月3日 4限シナプス伝達 (電気シナプス・化学シナプス・グルタミン酸・GABAとグリシン・アセチルコリン・生体アミン・その他)石塚
第4回9月3日 5限中枢神経系の概観HP (神経系の発生・脳の構造・脳室系・血液供給)白尾
第5回9月5日 4限(-5限)末梢神経(含む内臓神経系)HP(一般体性遠心性神経系・一般体性求心性神経系・交感神経系・副交感神経系・一般内臓求心性神経系白尾
第6回9月9日 3限脳幹系 (網様体・呼吸中枢)山崎
第7回9月10日 4-5限応用基礎医学講演:視床と大脳基底核高田
第8回9月12日 4限小テスト (教科書・参考書等持ち込み可) 
第9回9月16日 3限痛み (侵害受容器・痛みの信号処理・上行性侵害受容経路・ミラーニューロン・痛みの修飾・内因性オピオイド機構・アロディニア)六本木
第10回9月17日 4-5限辺縁系 (視床下部・海馬・扁桃体・記憶・情動)関野
第11回9月19日 4限視覚系 (目の構造・網膜の構造・光受容細胞・光受容・双極細胞・神経節細胞)今村
第12回9月19日 5限視覚系 (視覚伝導路・視覚野の可塑性)今村
第13回9月19日 6限ニューロンによる電気的信号伝達 (LTP含む)安田
第14回9月24日 4限神経系のイメージング対馬(徳江)
第15回9月24日 5限神経系の発生山崎
第16回9月26日 4-5限シナプス可塑性と学習記憶白尾
第17回9月30日 3-7限実習全員
第18回10月1日 3-7限実習全員
第19回10月3日 4-5限行動解析児島
第20回10月7日 3-7限実習全員
第21回10月8日 3-7限実習全員
第22回10月10日 4限小テスト (教科書・参考書等持ち込み可) 
第23回10月10日 5限遺伝子操作を用いた行動科学研究柿崎
第24回10月14日 3限放射線と脳機能小金澤
第25回10月15日行動科学試験 
参考図書/テキストテ キスト:Lippincott Illustrated Reviews Neuroscience (LWW)       カールソン神経科学テキスト 脳と行動 (丸善出版)       Biological Psychology: an Introduction to Behavioral and Cognitive Neuroscience (SINAUER) 参考図書:インテグレイテッドシリーズ 神経科学 (東京化学同人)
このページおよびリンク先のPDFファイルの教育目的以外の使用は禁止します。
形式講義および実習。実習は4グループに分かれ、薬理学と合同で行う。実習の組分け等についてはガイダンスの時に説明する。
成績評価試験(小テスト20点、本テスト70点)と実習および実習レポート(実習点10点)。 (講義の出席チェックは適宜行う。実習の出欠は毎回とる。)
メッセージ

講義、実習内容を超えて行動科学を学びたい学生は神経薬理学分野の研究に参加することができるので、気軽に申し出てください。
また、上記表中の授業題目・内容のからダウンロードできるファイルは、本講義の復習用に個人的に使う以外の使用は禁止します。

オフィスアワー午後1時から5時

薬理学I(神経薬理)

解答

薬理学試験(一部回答付)H27Pharm

2014年

教室セミナー

日時担当タイトル
2014/12/19Miao ShuchuanLiu CC, Tsai CW, Deak F, Rogers J, Penuliar M, Sung YM, Maher JN, Fu Y, Li X, Xu H, Estus S, Hoe HS, Fryer JD, Kanekiyo T, Bu G. "Deficiency in LRP6-mediated Wnt signaling contributes to synaptic abnormalities and amyloid pathology in Alzheimer's disease"
Neuron. 2014 Oct 1; 84(1):63-77.要約
2014/12/12Anggraeini PuspitasariReid H. J. Olsen, Tessa Marzulla and Jacob Raber. "Impairment in extinction of contextual and cued fear following post-training whole-body irradiation." Front Behav Neurosci. (2014) Vol. 8, Article 231, page 1-13. 要約
2014/12/5六本木 麗子Akiko Ohtani, Naoki Kozono, Kouji Senzaki, Takashi Shiga. "Serotonin 2A receptor regulates microtubule assembly and induces dynamics of dendritic growth cones in rat cortical neurons in vitro." Neuroscience Research (2014) 81-82. 要約
2014/11/20清水 英雄Arsenault D, Dal-Pan A, Tremblay C, Bennett DA, Guitton MJ, De Koninck Y, Tonegawa S, Calon F. "PAK inactivation impairs social recognition in 3xTg-AD Mice without increasing brain deposition of tau and Aβ." The Journal of Neuroscience (2013), 33, 10729-40. 要約
2014/11/14梶田 裕貴K Boekhoorn, Vera van Dis, E Goedknegt, Andr_e Sobel, P J. Lucassen,
Casper C. Hoogenraad. "The microtubule destabilizing protein stathmin controls the transition from dividing neuronal precursors to postmitotic neurons during adult hippocampal neurogenesis." Developmental Neurobiology, Volume 74, Issue 12. 要約
2014/11/07小金澤 紀子Grintsevich EE and Reisler E. "Drebrin inhibits cofilin-induced severing of F-actin." Cytoskeleton 2014; 71: 472-483. 要約
2014/10/24石塚 佑太

Ma T, Chen Y, Vingtdux V, Zhao H, Viollet B, Marambaud P and Klann E. "Inhibition of AMP-activated protein kinase signaling alleviates impairments in hippocampal synaptic plasticity induced by amyloid β." J Neurosci. (2014), 34; 12230-12238. 要約

脳神経発達統御学セミナー

 演者日時場所タイトル担当講座
第50回池田将樹 先生
(群馬大学医学部附属病院 神経内科 講師)
2014年7月29日(火) 17:00-18:00大学院セミナー室(臨床研究A棟8階)認知症・神経変性疾患における分子マーカーの最近の進歩神経薬理学

大学院講義・実習

開講予定

医学部講義

行動科学

授業科目名 行動科学 対象年次 3年次
科目責任者 (コーディネーター) 白尾智明
講義日時 9月2日~10月17日
キーワード 脳、行動、神経回路、神経細胞、シナプス、薬理作用
講義の概要 脳科学に関する基礎、応用知識を学ぶ。並行して、最新の神経科学的観点から行動の形成原理を概観する。
目標及び期待される効果 本授業では、神経科学の基礎を修得するとともに、神経科学的観点から行動の形成原理を考察できるようになることが期待される。また、これらの知識を精神・神経疾患の分子メカニズム理解に結びつく知識を獲得することが期待される。
展開 回数 授業日 授業題目・内容等 担当教官名
第1回 9月2日 2限 行動科学序論:脳の動作原理 白尾
第2回 9月2日 3限 神経系の細胞HP(ニューロン・アストロサイト・オリゴデンドロサイト・ミクログリア・ポリデンドロサイト・血液脳関門) 白尾
第3回 9月3日 4限 シナプス伝達 (電気シナプス・化学シナプス・グルタミン酸・GABAとグリシン・アセチルコリン・生体アミン・その他) 石塚
第4回 9月3日 5限 中枢神経系の概観HP (神経系の発生・脳の構造・脳室系・血液供給) 白尾
第5回 9月5日 4限(-5限) 末梢神経(含む内臓神経系)HP(一般体性遠心性神経系・一般体性求心性神経系・交感神経系・副交感神経系・一般内臓求心性神経系 白尾
第6回 9月9日 3限 脳幹系 (網様体・呼吸中枢) 山崎
第7回 9月10日 4-5限 応用基礎医学講演:視床と大脳基底核 高田
第8回 9月12日 4限 小テスト (教科書・参考書等持ち込み可)
第9回 9月16日 3限 痛み (侵害受容器・痛みの信号処理・上行性侵害受容経路・ミラーニューロン・痛みの修飾・内因性オピオイド機構・アロディニア) 六本木
第10回 9月17日 4-5限 辺縁系 (視床下部・海馬・扁桃体・記憶・情動) 関野
第11回 9月19日 4限 視覚系 (目の構造・網膜の構造・光受容細胞・光受容・双極細胞・神経節細胞) 今村
第12回 9月19日 5限 視覚系 (視覚伝導路・視覚野の可塑性) 今村
第13回 9月19日 6限 ニューロンによる電気的信号伝達 (LTP含む) 安田
第14回 9月24日 4限 神経系のイメージング 対馬(徳江)
第15回 9月24日 5限 神経系の発生 山崎
第16回 9月26日 4-5限 シナプス可塑性と学習記憶 白尾
第17回 9月30日 3-7限 実習 全員
第18回 10月1日 3-7限 実習 全員
第19回 10月3日 4-5限 行動解析 児島
第20回 10月7日 3-7限 実習 全員
第21回 10月8日 3-7限 実習 全員
第22回 10月10日 4限 小テスト (教科書・参考書等持ち込み可)
第23回 10月10日 5限 遺伝子操作を用いた行動科学研究 柿崎
第24回 10月14日 3限 放射線と脳機能 小金澤
第25回 10月15日 行動科学試験
参考図書/テキスト テキスト:Lippincott Illustrated Reviews Neuroscience (LWW)       カールソン神経科学テキスト 脳と行動 (丸善出版)       Biological Psychology: an Introduction to Behavioral and Cognitive Neuroscience (SINAUER) 参考図書:インテグレイテッドシリーズ 神経科学 (東京化学同人)
このページおよびリンク先のPDFファイルの教育目的以外の使用は禁止します。
形式 講義および実習。実習は4グループに分かれ、薬理学と合同で行う。実習の組分け等についてはガイダンスの時に説明する。
成績評価 試験(小テスト20点、本テスト70点)と実習および実習レポート(実習点10点)。 (講義の出席チェックは適宜行う。実習の出欠は毎回とる。)
メッセージ

講義、実習内容を超えて行動科学を学びたい学生は神経薬理学分野の研究に参加することができるので、気軽に申し出てください。
また、上記表中の授業題目・内容のからダウンロードできるファイルは、本講義の復習用に個人的に使う以外の使用は禁止します。

オフィスアワー 午後1時から5時

 

薬理学I (神経薬理)

授業科目名薬理学I対象年次3年次
科目責任者 (コーディネーター)白尾智明
講義日時9月2日~10月17日
キーワード薬理学、中枢神経系、安全性薬理、臨床薬理
講義の概要中枢性神経薬理学全般、臨床薬理学、創薬(特に安全性薬理)、漢方薬の薬理学を講義する。
目標及び期待される効果中枢性神経薬理学全般、臨床薬理学、創薬(特に安全性薬理)、漢方薬の薬理学を理解するとともに、生体の仕組みを定量的に理解できるようにする。
展開回数授業日授業題目・内容等担当教官名
第 1 回9月2日 4限薬理学I:薬理学総論 (マテリアメディカから実験薬理学の発展までの薬理学の歴史)白尾
第 2 回9月2日 5限薬理学I:薬理学総論 (第I章-2、3)山本
第 3 回9月4日 4-5限薬理学I:薬はどのようにして創られるかHP(応用基礎医学講演)佐藤薫
第 4 回9月4日 6限薬理学I:創薬の知財戦略と薬事戦略早川
第 5 回9月9日 4-6限

薬理学I:自律神経作用薬(末梢神経の構造と機能・コリン作用薬 末梢神経系I-IIHP・抗コリン作用薬・アドレナリン作用薬・抗アドレナリン作用薬 末梢神経IIIHP

白尾
第 6 回9月11日 4限薬理学I:細胞内情報伝達 (受容体、セコンドメッセンジャ-、細胞骨格)石川
第 7 回9月11日 6限薬理学I:小テスト(教科書持ち込み可) 
第 8 回9月18日 4限薬理学I:抗精神病薬(統合失調症の病因、定型・非定型抗精神病薬、薬物依存、薬物耐性)白尾
第 9 回9月18日 5限薬理学I:抗てんかん薬児島
第10 回9月18日 6限薬理学I:中枢興奮薬・幻覚薬今村
第11 回9月25日 4限薬理学I:パーキンソン病治療薬(神経系における薬物作用の発現)石塚
第12 回9月25日 5限薬理学I:鎮静・催眠薬(ベンゾジアゼピン誘導体・バルビツール誘導体)白尾
第13 回9月25日 6限薬理学I:全身麻酔薬 (吸入麻酔薬・静脈麻酔薬・解離性麻酔薬)小金澤
第14 回10月2日 4限薬理学I:小テスト(教科書持ち込み可) 
第15 回10月2日 5-6限薬理学I:抗認知症薬、脳循環・代謝改善薬 (Alzheimer型認知症治療薬・脳代謝賦活薬・脳循環改善薬)丸山
第16 回10月9日 4限薬理学I:抗うつ薬 (シナプスに及ぼす薬理作用)六本木
第17 回10月9日 5-6限薬理学I:薬物動態と薬力学山本
第18 回10月14日 4限薬理学I:麻薬性鎮痛薬 (痛みの種類・麻薬・麻薬拮抗薬・内因性オピオイドとその受容体・非麻薬性鎮痛薬)山崎
第19 回10月14日 5-6限薬理学I:漢方薬の薬理佐藤浩子
第20 回10月17日薬理学試験 
参考図書/テキスト テキスト:NEW薬理学(改訂第6版)南江堂 参考図書:入門漢方医学 日本東洋医学会学術教育委員会編 南江堂
このページおよびリンク先のPDFファイルの教育目的以外の使用は禁止します。
形式 
成績評価薬理学I:試験(70%)、小テスト(各10%、計20%)、実習および実習レポート(10%)
メッセージ上記表中の授業題目・内容のからダウンロードできるファイルは、本講義の復習用に個人的に使う以外の使用は禁止します。
オフィスアワー 

 

ページトップへ