脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

News & Topics

ALL ARTICLES

This Content is Japanese Only.

「樹状突起スパインの形成・維持・可塑性~ドレブリン研究40年の歩みと未来~」シンポジウム(重要な更新があります)

重要:シンポジウムへの参加は事前登録は必要ありませんが、一橋講堂に入るときに、印刷したシンポジウムプログラム(ここからダウンロードできます)をご持参し、それをご提示ください。

樹状突起スパインの形成・維持・可塑性」シンポジウムを2020年2月23日、東京都千代田区の一橋講堂で開催します。午前中は樹状突起スパインのアクチン線維の形状を決定するドレブリンについての講演を日本語で行います。午後は、神経シナプス研究の世界的リーダーに英語で講演をしていただきます。参加料は無料なので、奮ってご参加ください。シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。

Back

ページトップへ