脳科学を超えた新しい学問分野を創設する

News & Topics

ALL ARTICLES

This Content is Japanese Only.

学部生の山川さんが第138回日本薬理学会関東部会でポスター発表しました。

3月10日に東京都港区の慶応義塾大学薬学部で開催された第138回日本薬理学会関東部会で学部生の山川さんがポスター演題「「ハイコンテントイメージング解析法を用いた神経細胞発達過程におけるシナプス機能評価」」を発表しました。免疫組織化学の写真がとてもきれいで、高い評判を得ました。

Back

ページトップへ